So-net無料ブログ作成
検索選択
ガーデニング ブログトップ
前の10件 | 次の10件

トマトの定植をする!! [ガーデニング]

今日、午後から雨が上がったので、トマトを定植することにした。

しかし・・・・苗はごらんの状態。
トマト、苗.jpg
種類は、大玉のホーム桃太郎(右)と、衝動買いのデルモンテのフルーツトマト系の「ぜいたくトマト」という品種だけれど、傷だらけというか・・・・。

左側、ぜいたくトマトが一部枯れている?感じのところは4月の終わりに「東京で雪が降った」とニュースになった時、仕事から帰ってくると、可哀想な苗が・・・・慌てて家に入れるけれど、時すでに遅かった。一部枯れてしまっていた・・・・。

で、右側。アップにすると・・・・
トマト苗3.jpg
葉がくるくると巻いているのだけれど、最初??と思ったのだけど嫌な予感がして、調べると、アブラムシだった。

4月のはじめだと思うけれど、ほうれん草に発生してた物が、近くに置いてあったため、飛び火したらしい。すぐガムテープで取った後、迷いに迷って、結局、アブラムシに効くとされる野菜に大丈夫なスプレーをかけた。

でも苗にかけるのはかなり抵抗があったのだけれど・・・新芽についたら、最後、と思ったので、そうした。

まあ定植するまでに、今回はいろいろあった。でも、まあ一応、これを植えることにした。

定植したときはこんな感じ。
トマト苗定植.jpg
表面の茶色いのは、牧草チップ。
去年、トマトが、途中土の跳ね返りから起こる、ウィルス性の病気に葉がかかったときの反省を踏まえて、苗の段階から、敷いてみることにした。

それと、今年ミニトマトをやらず、去年も作った「ホーム桃太郎」と「ぜいたくトマト」の大玉系2つにしたのは、なんと言っても、去年作った桃太郎の味が忘れられなかったからだ。最初の1コを夫婦二人で味わった時、主人から「これ来年も作って。」とのリクエストがあったのと、あのトマトの味はスーパーでは味わえないものだった。味が濃いというか・・・。

ミニトマトも作りたかったけど、去年、ミニトマト2つ、桃太郎1つでは、ウチのベランダでは多すぎたような気がしたので、今年はあえて、大玉2種で望むことにした。

まあ大玉だと、プランターだとそんな数とれないんだけど・・・。

そこで!!今年は、この本を参考に作ることにしようと思う。

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり

かんたん!プランター菜園コツのコツ―上岡流 写真図解でわかる逸品づくり

  • 作者: 上岡 誉富
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本


この本は、プランターで驚くほど、野菜が収穫されていて、勉強になる。まあ本通りはいかないでしょうけど(汗
トマトの大玉は、本によると、3~4段で、摘心をするらしい。そうなんだ~。うまくいくかしら・・・・。

後、この本の特徴は肥料のやり方だと思う。「条項施肥」と言うらしいけれど、根のあたりにまくのではなく、溝に緩効性肥料をまく方法。

これだと、「肥やけ」しないらしい。

これで、トマトを育てて行こうと思う。うまくできるかな~去年みたいな、感動がまた味わえるといいんだけれど・・・。まあ毎日、これからです♪

ゆずの新芽がでました♪ [ガーデニング]

久々のガーデニング記事更新(汗)

春になっていろいろ動きがでてきました。

まず、秋から原因不明の落葉に悩まされたゆず。肥料をたしたり、水の量を少し変えたりしましたが、冬の間少しづつ葉は落ちていき、申し訳程度の葉が残っている状態でした。

葉がすべて枯れ、枯れ枝になっているのもあり、これで果たして新芽が出るのだろうか、と思ってましたけど、

春になって新芽が出てきました♪♪

当たり前、といえばそうなんですが、今年は特に嬉しかったです。冬の間、水だけは切らさないように、と水はやっていましたが、正直、植物の持つ生命力に改めて驚いたし、嬉しかったです。うまく言葉にできないですが。。。

写真はこちら。
yuzu,sinnme.jpg

ほかにも
yuzu,sinnme2.jpg

新芽、出てます♪嬉しい!(^▽^)

2枚目の写真のところの後ろに葉のない枝が写っているのが見えると思いますけど、新芽が出てくるまで、かなり厳しい状態でした。

このユズを見て、ある言葉が思い浮かびました。

冬来たりなば春遠からじ。

今日のような天気に一寸時季外れの言葉のようですが、寒い冬というのは、春の訪れを予言しているんですねえ・・・・・。


それとさんざん悩んだあげく、枝を切りました。剪定と書かないのは、そんな大げさなことじゃなく、知識もなく、
ただ、枯れ枝をつめただけなので。

でも、切った枝の先に新芽が出てて、(先端のみ)、どうしようかな・・・・切り落としてもいいモンかな。。。。とさんざん悩んだし、本によると、その先端の部分は去年の新芽が出た部分なので、花芽がつく部分・・・?と思ったりもしましたが、先だけ葉があっても・・・ということと、長い目で見よう、という結論に達したので、丈を詰める感じで切りました。

切った後はこんな感じ。
yuzu,sennteigo.jpg

長さを詰めた感じです。前の写真がいいのがなくて、すみません。(汗)

去年、結構、新芽はアブラムシの被害にあいました。それに当然!アゲハも!
大事な新芽、なんとか、被害に遭わないようにしたいです。

ほうれん草サラダあかりの収穫! [ガーデニング]

今日はほんとうに寒い日でした。
外に出たとき、しまった、手袋忘れた、と後悔するほど「かじかむような」寒さでした。

でも、ベランダのほうれん草、サラダあかりを収穫した。
これは、年末にばばっと、HCで買った苗の中にあった1つ。HCで、植木鉢に植えていたので苗1つを、植木鉢に植えている。

何もしてないのに(^_^;)、だいぶ伸びてきて。
なのでサラダにと収穫した。

植木鉢の様子はこんな感じ。
saradaあかり1.jpg

で収穫したのがこちら。
今日はメインではなく、和え物に少し利用しただけなので、少しです。
あかり収穫2.jpg

これをツナ(オイル入り)、わかめ、トマトであえた。ツナの塩気があるので、少し、クレイジーソルトをかけるのみで。少し、オリーブオイルを入れた。
できあがったのがこちら。
あかりサラダ3.jpg

ベランダのほうれん草は簡易温室に入れてある。だから、こんな寒くても収穫できたのかな~とも考えた。
これだけ寒い日と続くと、野菜たちにとっても過酷だものね・・・。

ブロッコリーの側花ライの収穫始まる♪ [ガーデニング]

年末に頂花ライの収穫を終えたブロッコリー。
でもカリフラワーとちがって、ブロッコリーは脇のお花、側花ライの収穫がある。
大きく育てるものとせっせと水やりと、肥料をあげてたものの、「プランター菜園コツのコツ」(上岡誉富著、農文教)によれば、5センチぐらいで収穫らしく、慌てて、今日収穫した。
burokkori1_1.jpg

直径は7センチくらい。でも次々とお花ができてる。
こんな感じ。
burokkori2_1.jpg
数えてみると、5,6コはお花がある[るんるん]
しばらく楽しめそうだ。

それで、大きく育てと、水やりのとき、肥料をやった。このやり方は、「ベランダ菜園やってます」のぐりんさんに教わったもので、緩効性の肥料を、プランターの溝にスコップなどで土を掘り、少し土を軟らかくしたところに、肥料をいれるもの。
こんな感じ。
hiryou1_1.jpg
わかりにくいでしょうか(汗)
左側の茶色のつぶつぶが肥料です。

株元に入れるより、苗に影響が少なく、結果たくさん肥料をいれることができるらしい。
ともかく、大きく育つといいなあ♪

ブロッコリーは、クリームシチューに入れて食べました。美味しかったです。

年末に買った、苗3つを植える! [ガーデニング]

年末に、カリフラワーとブロッコリーが終わりかけなので、HCに仕事の帰りにより、苗を3つほぼ衝動買いで買った。
何となく面白そうなもの、など。

買ったのは、パセリ(枯らしてしまったけれど、あると嬉しいなあと思い)、「あかり」という名のサラダほうれん草、高級ニンニク「ビッグホワイト」の3種。

クリスマス前頃に買ったのだけど、やれ掃除だ、料理だと忙しくとりあえず苗の状態で水だけやっていたのだけど、今日やっと植えられた。

でも1つ、問題がある。それは場所。ウチの狭いベランダでは、ぎゅうぎゅうなのだ。正直、50リッターのブロッコリーのプランターがなくなれば、問題ないのだけど、まだブロッコリーは、「側花ライ」という脇の芽が収穫できるので、撤去するわけにいかず、仕方なく、ぎゅうぎゅうのまま植えた。

ニンニクはだいぶ前にかっておいて、何となく温室においていたら、結構育ってしまって、長いのは芽が15センチくらいあるし、何より、根がまわって3つがくっついているので、仕方なく、はさみで根を切った。苗の状態でこんなに根を切っていいのかとも思ったけど・・・。

切った写真がこちら。
ninniku3_1.jpg

これを15センチ間隔で、プランターに植えたのがこちら。
ninniku4_1.jpg
正直、根を切っているので育つかどうか、凄く心配。でも1番楽しみなのもこれ。なんでもこれは青森県産のニンニクと同じものらしく、いつもスーパーで買ってるものが、育てられたら、と今からわく。

2つめは「サラダあかり」という、生で食べれるほうれん草。
こんな風に鉢植えにした。
akari_1.jpg
これは、HCで、寄せ植えの鉢植えのようにしていたのをまねた。

もう1つは、パセリ。
paseri1_1.jpg
写真、近くてごめんなさい。これでも窓にへばりついて撮っているのだけれど。
夏に枯らしてしまったけれど、やはりあると嬉しいなと思って買った。温室もあることだし、何とかなるかな?
ただ、パセリはよく、うどん粉病にさせてしまう。乾燥気味なのかしら・・・・と言う反省もあるので、水やり注意だ。

以上だけど、ウチにしては、結構な鉢数になった。今全部で12ある。どうりで、狭い訳。(-_-)

ブロッコリーが収穫できるまで我慢だけれどもう少しかかりそう。

どれもうまくといいな、なんて調子良すぎるかしら・・・。(^_^;)

 

収穫の冬!♪ [ガーデニング]

昨日、ブロッコリーと、カリフラワーを収穫した。
収穫される直前のカリフラワーの様子。
karihurawa-3_1.jpg
何とか、メジャーと写したかったのだけどうまくいかず・・・やはり17センチ前後でした。

これは昨日、ゆでてサラダにした。
切ったところ。これで半分です。
karihurawa-4_1.jpg
右真ん中に茎が紫がかっているのが見えるだろうか?光線の具合ではなく、本当に紫色で、いくつも、茎がそういうふうになっていた。
茎が紫色のカリフラワーて、はじめて見て、新鮮な証拠?それとも何か別の理由からかわからないけど、。。。

これは、鶏の酒蒸しにしたものとあえて、オリーブオイルとレモン、それに鶏を酒蒸ししたおつゆを少しと塩こしょうで味を調えた。

こんな感じ。
tori-kari_1.jpg
かなり美味しかった。それにカリフラワーは初の挑戦だったので、「よくもここまで・・・」と感慨ひとしお。秋頃は虫にかなり気をつけて、1度薬をかけたが、それ以外は寒冷紗で頑張った。

後ブロッコリーも収穫。こちらはまだ10センチほどなのだけど、脇に花が咲くタイプのものは、カリフラワーとちがってまだまだ楽しめる、ということなので、はやめに収穫。
で、切った後脇目の花を早速確認!!(^^)
burokkori-3_1.jpg

これは、あっさりとゆでて、マヨネーズでいただいた。
burokkori-4_1.jpg
心なしか、甘く、そして茎が柔らかいように感じたけれど、気のせいだろうか・・・?

脇の花はまだまだ楽しめそう・・・!

温室、出しました [ガーデニング]

ここ数日、暖かかったり、寒かったり、よくわからないけど、今日は完全に冬の気候。

それで、出さなきゃ、出さなきゃ、と思ってた、温室を出した。
onsitu3_1.jpg

これは去年、主人が買ってくれたもの。
その頃は、ハーブくらいしかなくて、ちょうどいい大きさだったんだけど、今はだいぶいろいろなものを育ててるので、入りきらないけれど、とりあえず、ハーブとガーデンシクラメンを入れた。

上段の真ん中にある、種から育てたバジルが、これで元気に育つといいけれど。ガーデンシクラメンはどうかな?寒さにも強いみたいだけど、たくさん花を咲かせてくれるかな?

ほかに、現在のカリフラワーとブロッコリーの様子。でも写真をパソコン上で見たとき、メジャーかなにかといっしょに写せばよかったと思った。

わかりにくいけれど・・・・
カリフラワーは今、
karihurawa-1_1.jpgこんな感じで、直径17センチくらい。まあまあ順調だ。

ブロッコリーは
burokkori-2_1.jpg
直径10センチくらい。2日ぶりに寒冷紗を取ると、だいぶ育ってきた。

肥料が全くないことに気づき、あわてて、追肥する。

カリフラワーは、もう収穫できるサイズだ。もうちょっと、もうちょっと、とのばしているけど、これぐらいでいいのかな?

ブロッコリーもそろそろ近いと思うけれど、調べてみると、ブロッコリーはカリフラワーとちがい、真ん中の「頂ライ」を収穫しても、脇にできる「側花ライ」兼用種なら、それも楽しめるみたいだけど、今のところ、見あたりませんが
できるのかしら???
だとすると、10センチくらいで、「頂ライ」は収穫してもいいそうだけど・・・。

あまり、待ってないで、2つとも、そろそろ収穫しようかな。。。

ゆずの葉が黄色に・・・!! [ガーデニング]

11月頃から、おかしいな、おかしいなと思ってた、ゆず。

どんどん葉が黄色くなって、最近は落葉し始めました。

こんな感じ。
yuzu,kiiro2_1.jpg
主に下の方です。でも上の方も色が薄くなってきてるので、危険です。

例えば、上の方でも。
yuzu,kiiro3_1.jpg
・・・季節的に落葉・・・??しかし、あまり聞いたことないし、去年若干葉は落ちましたが、こんなふうではありませんでした。

柑橘を始めたくさんの果樹を育ててられる「かいづの植物あれこれ栽培記」(http://kaizu.exblog.jp/)のかいづさんにうかがいました。

すると、柑橘は普通落葉しないとのこと。そして、根の問題か、肥料切れではないか、とのこと。肥料切れと言われ、夏頃以来、与えてないかも・・・・!とあわてて、肥料を5コほど、やりました。

柑橘は結構肥料がいるのだそうです。・・・そうなのか、それなら、かなり肥料はたりないはずです。

今日の作業で、よくなってくれるといいんですけど・・・・。


ブロッコリーにも、花が咲きました♪ [ガーデニング]

今日、水やりの時に見ると、ブロッコリーにも花が咲きました♪
burokkri- 008_1.jpg
まだまだ小さいです。2,3センチかなあ。。。でも確かにできてます♪

一方カリフラワーは・・・
burokkri- 003_1.jpg

こちらも順調♪♪

追肥はきょうはしませんでしたが、どんどんいる予感・・・。

水やり、いつも寒冷紗の上からかけているのですけど、写真撮影のため、取ると、土が若干乾き気味。下葉も黄色くなっていました。

水やりにも注意ですね。

順調に育ってくれるといいなあ・・・・♪

カリフラワーに花が咲きました♪ [ガーデニング]

今日、寒冷紗を取ってみた。
一応、虫は食われてないし、順調な成長ぶり。
IMG_0001_14.jpg
大きくした支柱も、邪魔そうになるほど、成長している。

そしてカリフラワーの中心には・・・花が咲いた♪
IMG_0001_15.jpgまさしく、スーパーなどで見る、カリフラワーだ♪

これはもう少し大きくなると、白く育てるために外葉でくるんで成長させるらしい。12月収穫と言うから、順調、順調♪

ブロッコリーはまだ花は見えないが、これはもう少し先の様子。

両方ともに追肥をする。

それと全然関係ないのだけど、この秋から、お花を2つ、育ててる。

パンジーとガーデンシクラメンだ。
普通・・・と思うかもだけど、実は、薔薇に挑戦しようかという野望もあったのだけど、まずはこの2つをちゃんと育ててからにしよう、と思った。
まだそんな工夫というほどのことはしてないけど、まず買うとき、パンジーは色にこだわった。
パンジーというと黄色やブルーなど思い浮かべるけど、白の他に、深紅のような紅と、ローズ色ともいえる、ピンク。

IMG_0001_16.jpgこれと、IMG_0001_17.jpgこれ。

写真で色がうまく伝わるでしょうか?
深紅のパンジーは去年他のお宅で咲いているのを見ていいなあ。。。パンジーっていっても凄く深みがある・・と思って買ってみた。

ちゃんと育てる、と言った割にたいしたことはしていない。(汗)
液肥やったり、しているくらい。

でも野菜同様、うまく育って欲しいなあ・・・・・。
前の10件 | 次の10件 ガーデニング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。